市場

 資本市場を取り巻くテーマは、同時に投資家のテーマでもあります。しかし、市場は参加者の取決めで成り立っていますので、どうしても取引実態に課題が発生してからの改革となります。た、取引所や証券保管振替機構は、取引・決済に関するデータが蓄積されてビックデータとしての価値を有しますが、個人を含めて取引に参加するもののに対して、取引の公平性を確保する為、可能な範囲で平易に情報提供を行うことも、期待されています。

 

※タイトルをクリックするとレポート全体、各章のクリックはその概略図を表示

2020年5月 東証“現物市場の機能強化”に向けた取り組みについて~改革の課題と進化の方向性
打ち出されたアクションプログラム
市場改革の課題
変化する市場機能
4 テクノロジーと公正性確保等の問題

市場区分の変更問題

  • 東京証券取引所は、2019年12月27日公表された金融審議会市場ワーキング・グループ「市場構造専門グループ」報告書を受け、「新市場区分の概要等について」を公表(2020年2月21日)
2019年11月 市場構造問題の動向~問題とその論点について
日本の市場構造の議論とは何か
市場構造議論の背景
目指すものと現状のギャップは何か
4 投資家視点から、どう考えるべきか
2017年12月 証券保管振替機構の機能と役割について ~ビックデータ時代の可能性
「ほふり」とは何か
「ほふり」は、どの様に運営されているか
「ほふり」に期待されていること
4 「ほふり」の可能性について
2016年12月 地域における資本市場機能と成長資金供給 ~その現状と期待
地域に特化した個人投資資金の供給について
地方証券会社における株主コミュニティ制度の現状と可能性
地域事業ファンドにおける地方証券業務の役割
4 地域住民の投資資金が地域の成長に寄与するために
2016年10月 証券アナリストとは何か~規制強化の背景と役割について
アナリストを取り巻く環境
アナリスト規制について
証券アナリストの在り方について
4 資本市場の中における課題と役割について
2016年8月 取引所の事業戦略~資本市場機能と株式会社の狭間で
取引所とは何か
日本取引所グループの事業戦略
海外及び国内から見た取引所機能
4 個人からみた取引所への期待と事業戦略の課題